とある一浪理系大学生の日常

浪人経験のある理系大学生が日常についてなど書きます!

一介の大学生塾講師が中学生の進路に口を出してはダメなのか?

スポンサーリンク

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

 

今回は久々に受験について話していこうかなと思います。

 

最近就活の話題ばかりしていたので( ´∀` )

 

今回のお話は最近うちの塾で起きた出来事らしいのですが、中学生に「どこどこ高校なら頑張ればいけるよー」とか「どこどこは難しいから志望校を下げた方がいいんじゃない?」といった話を中学生を教えている講師の人がいて、それを生徒さんが保護者の方に伝えて塾長の方にクレームが入ったらしく、中学生の生徒に高校の進路の話は絶対するなという指令がでました。

 

私はほとんど高校生を担当しているので影響はたたいしてないのですが、大体の講師は中学生の生徒さんをメインに教えているので今回はこの議題を取り上げてみました。

 

皆さんはどう思いますか??

 

正直これを聞いたときは「え?」と思いました。

 

もちろん、大前提として、アルバイトの大学生が「志望校を下げた方がいいよ」とか、軽々しく「大丈夫だよ」いう発言はあってはならないと思います。

 

しかし、生徒さんは、一切高校受験の話をしない塾講師におしえてもらいたいのか?と私は思います。

 

私は、担当になっている塾講師と生徒が一丸となってようやく生徒さんのやる気にもつながると思いますし、講師側もどこを志望しているのか生徒が分からない状態でやるのはやりにくさがあると思います。

 

私は折角、大学生が教えているなら大学生が教えているなりの強みを生かすべきだと思いますし、その強みとはちょっと前まで高校生だったという若さだと思います。

 

例えば中学生の生徒さんが志望している高校のOBである講師が話をしてあげると実際にこんな感じなんだなと生徒さんにわかってもらえたりするので、自分が中学生側の立場であれば思います。

 

塾長が勉強のことなら別ですが、高校のことを何でも知っているかと言ったらそんなことはないと思うので(笑)

 

今回は少し塾の在り方に疑問を持ったのでこの話題を取り上げさせてもらいました!!

 

ちなみに私は今回の件で高校生担当でよかったと思いました(笑)