とある一浪理系大学生の日常

浪人経験のある理系大学生が日常についてなど書きます!

グルディス選考に通って喜ばしい件

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

 

 

今回はこないだ受けたグループディスカッション選考に通ったので4daysのインターンに参加できることが決まりましたのでご報告させていただきました(笑)

 

 

実はきちんと選考としてグループディスカッションに臨んだのは初でしたので最初はメチャクチャ緊張していましたが、自分なりにかなり発言しようと意識していったら無事通ることができました。

 

個人的に面接より好きです( ´∀` )

 

ちなみに明後日にも3daysのインターン選考グルディスがあるのでまた経験できてうれしいです(笑)

 

最近ESとWEBテストの書類通過と言われる部分ではなかなか落とされなくなってきたので就活力?がついてきたのかもしれません。

 

6月のときのESとか読めたもんじゃないので「そりゃ落ちるわな」っていう感じです(笑)

 

早く冬インターンでリベンジしたいです!!!('◇')ゞ

カメラOFFのインターンはやめてほしい件

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

今回は先日受けたインターンで思ったことを書いていきたいなと思います。

先日某ゼネコン系のインターンを受けたのですがカメラ・マイクOFFで受けるやつでしてすごい残念でした。

私的にはインターンはカメラ・マイクONでグループワークをするのが醍醐味だと思っているのでこのような形のインターンだと少しだれてしまいます(笑)

 

 

自分が悪いんですが(笑)

 

一回4daysくらいのインターンで誰かと仲良くなってみたいです。

なんとなくのイメージですが超大手の総合商社、金融系とかはすごそうなイメージです(笑)

 

PS.前回言っていたデベロッパーは落ちてました(´;ω;`)

絶対リベンジします!!!!!

デベロッパーのインターン面接で大敗した件

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

めちゃくちゃ久々の更新で申し訳ないです。

先ほど某デベロッパーの面接を受けてきましたが自分の発言のできなさに絶望しました。

私自身今までガクチカの深掘りや自己PRなどの雑談チックな面接しか受けてこなかったしインターンシップの面接だから大丈夫だと高を括っていたらあえなく撃沈してしまいました。

内容は詳しく言えませんがなかなか業界について深く掘り下げられしどろもどろになり、手ごたえのかけらも感じませんでした(笑)

これをいい教訓にこれからの就活も頑張っていきます!!!

ワンチャン院進学かも( ´∀` )

就活とテスト被りがきつすぎる件

こんにちは、とある1浪理系大学生です

久々の投稿ですね!

いま絶賛サマーインターン参加のためのESを提出してサイレントお祈り連発されています( ´∀` )

選考ありの複数dayのインターンに切実に生きたい(笑)

しかも来週からテストなので面接の練習も時間取れなくて厳しい!!!

ですが今からがんばれば多少は楽になると思うので、受験生時代の失敗を生かして頑張りたいです!!

 

同じ公立高校なのに数学の進度違いすぎ問題

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

今日はタイトル通り公立校なのに数学の進度違いすぎじゃないか?と思った話を書いていきたいと思います。

僕は高校生を数人教えているのですが、Aさんは高校2年生で理系なのですが今数Ⅲの微分をやっています。

しかしB君も同じ高2で理系なのですが今、数Ⅱの三角関数をやっているというくらい授業進度が違いすぎて驚いています。

しかもこの2校はほとんどレベル差がないのにここまで違うとB君の学校の上位層は本当にかわいそうだと思います。

早ければいいか?と言われるとそうとも言えませんがさすがに三角関数は遅いなと感じました。

進度が遅い高校に通っていると自力でチャートなどをやるのはなかなか難しいのでレベルの高い子は必然的に予備校や塾などで学校以上の進度で進んでいかないといけないので、改めて受験って環境がすごい大切だなと感じました!!

久々の早朝起床

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

タイトルどおり今日は午前6時に起きるといった普段10時起きの大学生には奇跡的なことが起きました。

なぜこんなに早く起きたかというと、早朝に高校前でチラシ配りのバイトがあったからです。

高校生を見ているとよく自分もこんな朝早く起きていたなと思います(笑)

塾の高校生にも聞きますが、朝補習がある学校だと7時30分登校などらしいので今の自分がいかに堕落しているか思い知らされます。

ですが早起きして午前中を有意義に過ごせたので徐々に朝方にしていけたらいいかも!!!!

メモの大切さを気にしていますか?

こんにちは、とある1浪理系大学生です。

最近中日関連のブログを書いていましたが、今回は以前のブログで本を読んでいるといったことを書いたと思いますが、何とか1冊読み終えたので感想を書いていこうかなと思います。

今回読んだ本ですがあのshowroomで有名な前田裕さんが書いたベストセラー書籍の

メモの魔力を読んでみました。

f:id:toaru_sciencestudent:20210616201552j:plain

本カバーを取った表紙はこんな感じです。

図書館で借りたものなのでボロボロです。

 今回、この本を読んで経緯としては、自分が3年になりこれから就活を始めていこうと考えたとき、「本当にこのまま望んでいいのか?」と今の自分に疑問に思い自己分析のため、そして社会人への成長のためにこの本を選んでみました。

メモの魔力は大きく4章ほどに分かれており、最後のページに自己分析1000問が掲載されています。

 

自己分析1000問ですよ!!!

最初は将来の夢などよくある質問から教授からはどんなフィードバックをよくもらうかなどマニアックすぎるものまで1000問掲載されているので、がんばって根気強くやり切りたいと思います!!!

 

 

 

 

ここで本題ですが、

 

皆さんはメモを取りますか?

 

 

自分はというと、飲食店のバイトでレシピ覚えたりくらいでしか今まで滅多にメモを取っていませんでした(笑)

学生だとあまりメモを取る習慣がある方は少ないんじゃないでしょうか?

しかし、僕はこの本を読んでメモを取らないことってメチャクチャ人生損しているなと感じました。

前田さんは幼少期にご両親を亡くされ小学校6年生の時に路上ライブをしているとき、どうすればお金を稼げるかというのを自分なりに研究し、どのような人がお金を出してくれるかをひたすらメモすることで、メモ魔となったそうです。

普段メモを取る方も、記録を残すためにメモをするという方がほとんどだと思いますが、この本では メモは記録ではなく知的財産、第2の脳としての役割としてみています。

メモを知的財産的に使うと、

①傾聴能力の向上

➁構造化能力の向上

言語化能力の上昇

この3点の能力が向上するという風に書いてあります。

この能力が上がることによって、普段の会話だけでなくグループワークや会議の場などでも自分の頭の中で言われたことが構造化でき話す内容もきちんと構造化されます。

そしてこの本の一番重要な点は前田さんが本の中で何回も話されている抽象化

 

この本で書かれている抽象化とは、what、How、whyを自分がメモした事柄に対して問いかけ深堀りしていくことです。

これは自分も読んでいて、学生の頃に「なぜ友人はあんなに成績がいいんだ?」と思い深く掘っていき、それを自分に適用することで成績が上がった記憶があるので、これを社会人になっても身の回りのあらゆることにやればものすごい人間が出来上がるように思えます(笑)

 

こんな感じでメモの大切さだけでなくメモのきちんとした取り方やどう考えてメモを取っていくかのアドバイスなども書いてあり、就活生だけでなく社会人の方にむけても絶対に読んで損はない本だと思います。